ステラージアLEDは先週日本で開催されたLED NEXT STAGE 2016において2つの新しい技術を発表しました
ステラージアLEDは先週日本で開催されたLED NEXT STAGE 2016において2つの新しい技術を発表しました

一つ目はiDriveという中央集中制御方式のLEDドライバーです。iDriveの製品系列により多種多様な照明器具を駆動でき、同時に世界最高クラスの調光機能をフリッカーフリーで提供いたします。

もう一つは当社ブースのテーマでありましたスマートライティングとスマートデザインを組み合わせて豊かな環境を創造するStella Sekkeiという新しいサービスです。当社の照明システムと熟練したデザイン技術で生産性を高め、ストレスフリーの環境に導くことで そこにいる人々に安らぎを与えます。

現在iDriveは、エッフェル塔、スウェーデン王立オペラハウス、アボット研究所などで使われており、最近ではザハ・ハディドによって設計されたドバイオペラハウスに採用されることになり、世界中で使われています。

展示会では確かな反響があり、すでに国内のいくつかのプロジェクトでiDriveソリューションが採用されました。

また、当社は今回 iDriveを用いて特別な費用をかけずに 可視光通信 LiFiのデモンストレーションをすることができました。
LiFiは年末までに利用可能になる見込みです。

グローバル・ブレイン・アライアンス・フォーラム〜Global Startups Pitch Battle 2015の優勝は、交流駆動LEDのステラージアLEDが獲得
グローバル・ブレイン・アライアンス・フォーラム〜Global Startups Pitch Battle 2015の優勝は、交流駆動LEDのステラージアLEDが獲得

本稿は、グローバル・ブレイン・アライアンス・フォーラム2015 の取材の一部である。

東京のスタートアップ向けVCであるグローバル・ブレインは11日、都内で年次のスタートアップ・カンファレンス・イベント「Global Brain Alliance Forum(GBAF)」を開催した。

GBAF の中で開催された、スタートアップ・ピッチ・イベント「Global Startups Pitch Battle 2015」には、日本やアジア各地からスタートアップ10社が東京に集積し、日本の交流駆動LED開発スタートアップ「ステラージアLED」が優勝の座を獲得した。

審査員は、

産業革新機構 戦略投資グループ長 土田誠行氏

三井不動産 ベンチャー共創事業部 事業グループ長 松井健氏

フリュー 取締役事業部長(コンテンツ・メディア事業担当) 芝山貴史氏

Reality Reflection CSO ノ・ジョンソク(노정석)氏

…が務めた。

ステラージアLED は、産業用LED照明を開発・販売するスタートアップ。世の中の一般的な LED が直流駆動であるのに対し、交流駆動のLEDの開発に強みがある。交流駆動LEDはアルミ電解コンデンサーなど故障率の高い電子部品を使用する必要がなく、故障率・消費電力・ノイズなどの低減を可能とする。

また、世界では商用電流の電圧や周波数が国によって異なるが、LED を交流駆動にすることによって回路を一本化でき、生産ラインを統一できるため製造コストを上げることができる。今後はスマートライティングなどの新事業を計画中。

http://thebridge.jp/2015/12/stellasia-led-wins-global-startups-pitch-battle-at-gbaf-2015

3万坪の倉庫に杉の木5万本の森林を生み出す
3万坪の倉庫に杉の木5万本の森林を生み出す

ZOZOBASE」の省エネプロジェクトで当社製XWが採用されました。

株式会社ステラージアLEDは、株式会社スタートトゥデイ(代表取締役 前澤友作)、http://www.starttoday.jp/ ) が運営するファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」の物流センター「ZOZOBASE」(千葉県習志野市茜浜3-7-10プロロジスパーク習志野4)倉庫内の蛍光灯およそ9000本を、当社の直管型LED照明XWに交換しました。

  従来ZOZOBASEでは、物流倉庫エリア、事務所、会議室の既設照明に蛍光灯が使用されていましたが、地球環境をまもる積極的な貢献策として、スタートトゥデイ社の投資により、LED化プロジェクトが実施されました。

  これにより、ZOZOBASEでは照明器具に消費されていた月当りの平均使用電力を18万キロワットから7万キロワットにまで低減(約58%削減)させることに成功しました。

  また、これを地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO₂)の排出量に換算すると、1年あたり692tあまりに相当する削減効果となります。植物がCO₂を吸収していることはよく知られているところですが、樹齢50年、高さ20~30mに成長した杉の木1本で、年平均およそ14kgのCO₂を吸収するとされています。今回、ZOZOBASEの照明をLEDに交換したことで生じたCO₂の排出抑制効果は、5万本近い杉の木に匹敵します。

  さらに蛍光灯には、微量とはいえ水銀が使用されています。我が国が強力に推進してきた「水銀に関する水俣条約」により2020年には水銀製品の規制が始まります。人体や環境に悪影響をもたらす危険物質水銀の利用をひかえていくこともまた企業の社会貢献のひとつと考えられます。

  株式会社ステラージアLEDは、今回、当社製品をお使いいただくことで、株式会社スタートトゥデイ様による積極的なCSR活動のお手伝いをさせていただくことができました。今後もLED製品による省エネ技術を通じて地球環境の保全に貢献してまいります。

 

(文中の数値データは当社調べによる)

グローシックゴルフ倶楽部様にLED照明を納入しました
グローシックゴルフ倶楽部様にLED照明を納入しました

  私達ステラージアLEDは埼玉県さいたま市のグローシックゴルフ倶楽部様にLED投光器VHP400・XI090・XI120、街路灯ELGA090、直管型ランプXW020、防犯灯M-BH25Fを納入しました。
  1000Wの水銀灯12台から、400WのLED投光器VHP400を6台に交換することで消費電力が80%削減されました。

「ライティング・フェア2015」閉幕いたしました
「ライティング・フェア2015」閉幕いたしました

 3月3日から3月6日までの4日間にわたって東京ビッグサイトで開催されました「ライティング・フェア2015 第12回国際照明総合展」は無事閉幕いたしました。お陰様でステラージアLEDブースでは連日大盛況で多くのお客様にお越し頂きました。交流駆動(AC Revolution®)を採用した新しいLED照明に沢山のお客様に興味を持ってもらうことが出来ました。ご興味やご不明な点ございました際は、お気軽にお問い合わせください。弊社ブースに足を運んでくださった皆様に改めて御礼申し上げます。

ステラージアLEDのマツウラ・リチャードCEOがグランプリ受賞。 [金の卵発掘プロジェクト2014]
ステラージアLEDのマツウラ・リチャードCEOがグランプリ受賞。 [金の卵発掘プロジェクト2014]

 半世紀にわたって、日本の多くの経済人に読み継がれてきた老舗の経済誌「経済界」が主催する「金の卵発掘プロジェクト2014」のグランプリ受賞が決定しました。
   私たちの技術とビジネスプランを高く評価していただき、ステラージアのメンバー一同のモチベーションが100倍くらいあがりました。これを励みとして、今後なお一層頑張ります。
  経済界は「経営のトップに立つ人にクローズアップ」するという日本屈指の経済誌ですが、次代に向けて、私たちのような若い起業家や、創業期のニュービジネスを積極的に応援してくれる素晴らしいメディアだと思います。経済界のスタッフの皆様、金の卵の審査員の皆様、そして本プロジェクトのスポンサーの皆様には感謝の気持ちで一杯です。

http://net.keizaikai.co.jp/archives/14955

ステラージアLEDは先週日本で開催されたLED NEXT STAGE 2016において2つの新しい技術を発表しました
グローバル・ブレイン・アライアンス・フォーラム〜Global Startups Pitch Battle 2015の優勝は、交流駆動LEDのステラージアLEDが獲得
3万坪の倉庫に杉の木5万本の森林を生み出す
グローシックゴルフ倶楽部様にLED照明を納入しました
「ライティング・フェア2015」閉幕いたしました
ステラージアLEDのマツウラ・リチャードCEOがグランプリ受賞。 [金の卵発掘プロジェクト2014]
ステラージアLEDは先週日本で開催されたLED NEXT STAGE 2016において2つの新しい技術を発表しました

一つ目はiDriveという中央集中制御方式のLEDドライバーです。iDriveの製品系列により多種多様な照明器具を駆動でき、同時に世界最高クラスの調光機能をフリッカーフリーで提供いたします。

もう一つは当社ブースのテーマでありましたスマートライティングとスマートデザインを組み合わせて豊かな環境を創造するStella Sekkeiという新しいサービスです。当社の照明システムと熟練したデザイン技術で生産性を高め、ストレスフリーの環境に導くことで そこにいる人々に安らぎを与えます。

現在iDriveは、エッフェル塔、スウェーデン王立オペラハウス、アボット研究所などで使われており、最近ではザハ・ハディドによって設計されたドバイオペラハウスに採用されることになり、世界中で使われています。

展示会では確かな反響があり、すでに国内のいくつかのプロジェクトでiDriveソリューションが採用されました。

また、当社は今回 iDriveを用いて特別な費用をかけずに 可視光通信 LiFiのデモンストレーションをすることができました。
LiFiは年末までに利用可能になる見込みです。

グローバル・ブレイン・アライアンス・フォーラム〜Global Startups Pitch Battle 2015の優勝は、交流駆動LEDのステラージアLEDが獲得

本稿は、グローバル・ブレイン・アライアンス・フォーラム2015 の取材の一部である。

東京のスタートアップ向けVCであるグローバル・ブレインは11日、都内で年次のスタートアップ・カンファレンス・イベント「Global Brain Alliance Forum(GBAF)」を開催した。

GBAF の中で開催された、スタートアップ・ピッチ・イベント「Global Startups Pitch Battle 2015」には、日本やアジア各地からスタートアップ10社が東京に集積し、日本の交流駆動LED開発スタートアップ「ステラージアLED」が優勝の座を獲得した。

審査員は、

産業革新機構 戦略投資グループ長 土田誠行氏

三井不動産 ベンチャー共創事業部 事業グループ長 松井健氏

フリュー 取締役事業部長(コンテンツ・メディア事業担当) 芝山貴史氏

Reality Reflection CSO ノ・ジョンソク(노정석)氏

…が務めた。

ステラージアLED は、産業用LED照明を開発・販売するスタートアップ。世の中の一般的な LED が直流駆動であるのに対し、交流駆動のLEDの開発に強みがある。交流駆動LEDはアルミ電解コンデンサーなど故障率の高い電子部品を使用する必要がなく、故障率・消費電力・ノイズなどの低減を可能とする。

また、世界では商用電流の電圧や周波数が国によって異なるが、LED を交流駆動にすることによって回路を一本化でき、生産ラインを統一できるため製造コストを上げることができる。今後はスマートライティングなどの新事業を計画中。

http://thebridge.jp/2015/12/stellasia-led-wins-global-startups-pitch-battle-at-gbaf-2015

3万坪の倉庫に杉の木5万本の森林を生み出す

ZOZOBASE」の省エネプロジェクトで当社製XWが採用されました。

株式会社ステラージアLEDは、株式会社スタートトゥデイ(代表取締役 前澤友作)、http://www.starttoday.jp/ ) が運営するファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」の物流センター「ZOZOBASE」(千葉県習志野市茜浜3-7-10プロロジスパーク習志野4)倉庫内の蛍光灯およそ9000本を、当社の直管型LED照明XWに交換しました。

  従来ZOZOBASEでは、物流倉庫エリア、事務所、会議室の既設照明に蛍光灯が使用されていましたが、地球環境をまもる積極的な貢献策として、スタートトゥデイ社の投資により、LED化プロジェクトが実施されました。

  これにより、ZOZOBASEでは照明器具に消費されていた月当りの平均使用電力を18万キロワットから7万キロワットにまで低減(約58%削減)させることに成功しました。

  また、これを地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO₂)の排出量に換算すると、1年あたり692tあまりに相当する削減効果となります。植物がCO₂を吸収していることはよく知られているところですが、樹齢50年、高さ20~30mに成長した杉の木1本で、年平均およそ14kgのCO₂を吸収するとされています。今回、ZOZOBASEの照明をLEDに交換したことで生じたCO₂の排出抑制効果は、5万本近い杉の木に匹敵します。

  さらに蛍光灯には、微量とはいえ水銀が使用されています。我が国が強力に推進してきた「水銀に関する水俣条約」により2020年には水銀製品の規制が始まります。人体や環境に悪影響をもたらす危険物質水銀の利用をひかえていくこともまた企業の社会貢献のひとつと考えられます。

  株式会社ステラージアLEDは、今回、当社製品をお使いいただくことで、株式会社スタートトゥデイ様による積極的なCSR活動のお手伝いをさせていただくことができました。今後もLED製品による省エネ技術を通じて地球環境の保全に貢献してまいります。

 

(文中の数値データは当社調べによる)

グローシックゴルフ倶楽部様にLED照明を納入しました

  私達ステラージアLEDは埼玉県さいたま市のグローシックゴルフ倶楽部様にLED投光器VHP400・XI090・XI120、街路灯ELGA090、直管型ランプXW020、防犯灯M-BH25Fを納入しました。
  1000Wの水銀灯12台から、400WのLED投光器VHP400を6台に交換することで消費電力が80%削減されました。

「ライティング・フェア2015」閉幕いたしました

 3月3日から3月6日までの4日間にわたって東京ビッグサイトで開催されました「ライティング・フェア2015 第12回国際照明総合展」は無事閉幕いたしました。お陰様でステラージアLEDブースでは連日大盛況で多くのお客様にお越し頂きました。交流駆動(AC Revolution®)を採用した新しいLED照明に沢山のお客様に興味を持ってもらうことが出来ました。ご興味やご不明な点ございました際は、お気軽にお問い合わせください。弊社ブースに足を運んでくださった皆様に改めて御礼申し上げます。

ステラージアLEDのマツウラ・リチャードCEOがグランプリ受賞。 [金の卵発掘プロジェクト2014]

 半世紀にわたって、日本の多くの経済人に読み継がれてきた老舗の経済誌「経済界」が主催する「金の卵発掘プロジェクト2014」のグランプリ受賞が決定しました。
   私たちの技術とビジネスプランを高く評価していただき、ステラージアのメンバー一同のモチベーションが100倍くらいあがりました。これを励みとして、今後なお一層頑張ります。
  経済界は「経営のトップに立つ人にクローズアップ」するという日本屈指の経済誌ですが、次代に向けて、私たちのような若い起業家や、創業期のニュービジネスを積極的に応援してくれる素晴らしいメディアだと思います。経済界のスタッフの皆様、金の卵の審査員の皆様、そして本プロジェクトのスポンサーの皆様には感謝の気持ちで一杯です。

http://net.keizaikai.co.jp/archives/14955

show thumbnails